多彩な地域づくり活動を応援するー事業指定助成プログラムー一覧はこちら

Bridge School in 信州


  • プロジェクトについて
  • 応援する
  • 応援メッセージ
  • ありがとう

寄付の受付は終了しました。


こんな事業です

Bridge School in 信州

 「Bridge School in 信州」は、大学生と高校生のつながりの創出によって、高校生の進路選択と長野県の発展に貢献する事業です。
 昨年度もみらいベースを通して多くの方からご支援をいただき、「Bridge School 2016 in 信州」を開催しました。大学生27名、高校生23名の計50名が2泊3日の合宿で様々なことを話し合いました。
 「大学の学びや研究」、「大学の先の進路」、「自分自身の名病や興味関心」などについて少人数で言葉を活発に交わし合い、高校生がお互いの考えをより深めました。高校生からは「大学がどんなところなのかイメージがわいた」、「自分の考えが共有できてよかった」といった感想が見られました。
(ご参考までにこれまでの実績です→http://bridgeschool.jp/schedule)


これを実現します

Bridge School in 信州

 私たちは、長野県の高校生が大学のことを知ったり、自分を見つめ直したりすることを通じて、主体的に自分の将来を描くためのサポートを行います。
高校生が進路を選び実際にその道に進む前に、大学や就職のことを深く知る機会はあまり多くありません。結果として、進学・就職後にイメージとのギャップに苦しんでしまうケースも多く見られます。私たちの活動は、2泊3日の合宿を通じて高校生に様々な「つながり」や将来への希望を提供します。合宿後も高校生と大学生が連絡を取り合って進路相談を行うなど、合宿で生まれたつながりを最大限活用し、高校生を応援しています。
また、本プログラムに参加した高校生も、時が経てば多くが大学生になります。彼らが進学後も地域に目を向け、プログラムの提供側になっていくことで、長野県に『恩送り』循環が生まれます。今年度の運営スタッフのうち約4割はかつての参加者であり、こうした輪はすでに生まれつつあります。


具体的な取り組みは?

Bridge School in 信州

 合宿型のイベントを通じて、「高校生と大学・学問」、「人と人」、「若者と地域」の橋渡しをします。今年度は2017年3月10日(金)から12日(日)にかけて実施します。
以下のような活動を通して、高校生が大学や地域に対して幅広い視野を持ち、学ぶ楽しさを感じられるようになることを目指しています。
☆「主体的な学び」を体験して学問を楽しむ少人数セミナー
☆視野を広げるとともに自分自身を見つめ直すワークショップ
☆自由に自分の考えや悩みを話したり、ゲストをお招きして目の前にある進路選択の「さらに先」に思いを馳せたりする座談会


団体からのメッセージ

 「Bridge School in 信州」は長野県の高校生が学びを深めたり進路のイメージを具体化したりするために行われている活動ですが、運営側の大学生にとっても成長する絶好の機会になっています。地域の方々の応援に支えられて活動している身として、私たち自身も学びを深め、それを長野県の未来に還元できるよう誠心誠意活動をしております。


あなたの寄付ができること

Bridge School in 信州

・20,000円の寄付が集まると、高校生にもしものことがあったときのための緊急用車両を配備する費用を賄うことができます。
・50,000円で、大学生が作成し当日高校生が手にする資料・教材の制作費を賄えます。
・100,000円以上集まれば、全国から大学生が長野県に集まるための旅費の負担を大幅に軽減できます。


寄付の受付は終了しました。

このプロジェクトを多くの人に伝えてください

寄付の受付は終了しました。


応援よろしくお願いします

 数年前まで高校生で、今は大学生である私たちだからこそ、東京のような都市部と長野県のような地域の間には情報の得やすさに大きな差があることを痛感しています。私たちは「Bridge School in 信州」を通して、高校生や信州、どちらの将来に対しても貢献していきたいと強く思っています。
 昨年度もこの基金のご支援を受けて、同様の企画を開催し、多くの高校生から、「来てよかった」との声をいただきました。また、大学生である私たちも様々な体験や人とのつながりから学ぶことも多く、将来的には信州に貢献したいという思いも深められました。このイベントが、高校生や信州にとって有意義なものとなるだけではなく、自らの成長につながると実感し、今年度も企画をしております。
応援のほどよろしくお願いいたします。

現在の応援金額
2017年07月24日現在

168,000円 集まっています!(受付期間:2017年03月09日まで)

目標金額 150,000円 中間目標金額 (1)20,000円  (2)50,000円
いただいた応援金は、遅くとも受付期間終了後1ヶ月以内に総額から20%を運営費として引いた額を助成金として各団体へ届けます。
なお、中間目標金額を下回った場合は、目的の事業ができないため、募集団体ではなく「地域・分野指定助成プログラム」の助成金の原資に充てられ、運営費を差し引いた金額が公共的活動に活かされます。

あなたの寄付ができること

Bridge School in 信州

・20,000円の寄付が集まると、高校生にもしものことがあったときのための緊急用車両を配備する費用を賄うことができます。
・50,000円で、大学生が作成し当日高校生が手にする資料・教材の制作費を賄えます。
・100,000円以上集まれば、全国から大学生が長野県に集まるための旅費の負担を大幅に軽減できます。


寄付の受付は終了しました。


会員様のみ投稿することができます。
会員登録はこちら

ここでは、みなさんからの応援により実施する事業の進捗報告や結果報告書を掲載します。


長野県みらい基金 キッフィーチャンネル
長野県プロボノベース
子ども支援
2016 ろうきん 安心社会づくり助成金
2016 長野ろうきん「子ども基金」
サンプロ おひさま基金
マンスリー寄付「長野ろうきんNPO自動寄付システム」
熊本地震災害支援緊急寄付募集
認定NPO法人の寄付金控除について
ただ今、助成先募集中の冠基金

遺産の寄付をお考えの方へ

支援を受けたい方

クレジットカード使えます

長野県公式ホームページ

このページの先頭へ