多彩な地域づくり活動を応援するー事業指定助成プログラムー一覧はこちら

ふれあいの居場所サロン


  • プロジェクトについて
  • 応援する
  • 応援メッセージ
  • ありがとう

寄付はこちらからお願いします

口数 このプロジェクトを応援する
現在の応援金額
2018年04月27日現在

9,000円 集まっています!(受付期間:2019年03月31日まで)

※目標金額や応援資金の使い道などは「応援する」でご確認ください。


こんな事業です

ふれあいの居場所サロン

 障がいを持った方やご家族、障がいではないけど社会になじめずにどうしたら良いか分からない方やご家族などが進む方向の確認や情報共有、息抜きすることを目的とした居場所サロン事業です。
 障害者福祉サービスを行う上で良く聞くのは、本人やご家族が今までの体験や経験から「自分は存在してはいけない人間」「私はダメな親」など自分で自分を責め、自信が無く人と触れ合うことが億劫になり相談する先も無い、解決する情報も入ってこない環境になってしまいます。全てを自分や家族で抱え込み家族みんなが苦しくなり二次障がいに移行してしまったり、生活面が乱れてしまうことが多く見られます。そんな思いの方たちが相談したい時や息抜きをしたい時に「ちょっとお茶に行ってみようかな」「ちょっと気晴らしに行ってみようかな」「ちょっと相談に行ってみようかな」「何か情報が欲しいな」と頼れる居場所がとても必要です。


これを実現します

ふれあいの居場所サロン

 障害者福祉サービスで得た知識の情報交換や相談スペースを兼ねた、ふれあいの居場所空間。現在、就労支援事業所で作業している作品作りの知識を活かしたアクセサリーや小物作りなどの作品作りの趣味空間。お茶や軽食が出来る一息空間。が有る「ふれあいの居場所サロン」にします。
 本人もご家族もたくさんの協力者や場所と繋がりご家族の負担を軽くすることが出来、自分の居場所にもなり、自分の振り返りの場所にもなります。


なぜこの事業に取り組むの?

ふれあいの居場所サロン

 まだまだ水面下で苦しい思いの方々が多く、少しでも早い段階で解決のヒントに繋がれる場所、本人やご家族の息抜きの場所、いつでも相談できる場所が必要です。相談しいろいろな場所と繋がることが出来れば、本人や家族の気持ちに余裕がうまれ安心・安定した生活が送ることが出来、本人やご家族の問題解決につながります。また、息抜きの場所が有れば問題と向き合う勇気が生まれます。
 今まで相談を受ける中で、心の余裕、少しの勇気、少し自分を好きになる事が問題と向き合うとても大切なエネルギーになりますので、少しでも自分たちが経験した事や情報が多くの方に届くようにこの事業を開始したいです。


具体的な取り組みは?

ふれあいの居場所サロン

平成30年4月から内装や備品、体制が整い次第、サロンを開始します。


団体からのメッセージ

ふれあいの居場所サロン

 障害者(児)福祉サービス事業を行っているなかで社会や人とうまく関われない事がとても大きな問題になっています。その対応方法やご家庭での環境や生活面の整え方などが分からず、苦しい思いをしている方々に必要な情報や支援が届かない事が多くあります。ご家族やご本人が繋がらなくてはいけない場所「助けて」といえる場所、一息できる場所の必要性を強く感じます。行政も状況把握の限界を感じているように思います。
 わたくしたち法人は、引きこもりや不登校、発達障害を抱えた親が中心となりボランティア団体として始めた法人です。そんな、自分たちの経験や情報を伝えられることで少しでも背負った荷物が軽くなって問題と向き合える環境作りのお手伝いができればと思います。


あなたの寄付ができること

木のぬくもりを感じるテーブルや椅子  
 (テーブル4台・椅子16脚)
みんなで楽しく自慢料理が作れるキッチン用品
 (電子レンジ1台・鍋や包丁などの雑貨・コーヒーメーカー)
カルチャー発表スペース備品
 (ディスプレイ棚 他)


寄付はこちらからお願いします

口数 このプロジェクトを応援する

※目標金額や応援資金の使い道などは「応援する」でご確認ください。

このプロジェクトを多くの人に伝えてください

寄付はこちらからお願いします

口数 このプロジェクトを応援する

応援よろしくお願いします

 私たちに出来ることは限られていますが、少しでも繋がりや情報交換の出来るサロン、気軽に立ち寄って一休みできるサロン、地域や関係機関に情報発信出来るサロンにもしたいです。そして、少しでも「自分は存在していていいんだ」「なんとなく自信をもっても良いんだ」「助けてって言っていいんだ」「自分も楽しんでいいんだ」と感じてもらえるようなにしたいです。

 どうか私たちに皆様のお力をお貸しください。そして、つまずいてしまった方たち、重たい荷物を背負ってしまった方たちの応援団になってください。
 よろしくお願いいたします。

現在の応援金額
2018年04月27日現在

9,000円 集まっています!(受付期間:2019年03月31日まで)

目標金額 800,000円 中間目標金額 (1)5,000円  (2)125,000円
いただいた応援金は、遅くとも受付期間終了後1ヶ月以内に総額から20%を運営費として引いた額を助成金として各団体へ届けます。
なお、中間目標金額を下回った場合は、目的の事業ができないため、募集団体ではなく「地域・分野指定助成プログラム」の助成金の原資に充てられ、運営費を差し引いた金額が公共的活動に活かされます。

あなたの寄付でできること

木のぬくもりを感じるテーブルや椅子  
 (テーブル4台・椅子16脚)
みんなで楽しく自慢料理が作れるキッチン用品
 (電子レンジ1台・鍋や包丁などの雑貨・コーヒーメーカー)
カルチャー発表スペース備品
 (ディスプレイ棚 他)


寄付はこちらからお願いします

口数 このプロジェクトを応援する

会員様のみ投稿することができます。
会員登録はこちら

ここでは、みなさんからの応援により実施する事業の進捗報告や結果報告書を掲載します。


JAながのこども共済みらい基金
長野県みらい基金 キッフィーチャンネル
長野県プロボノベース
子ども支援
2017 ろうきん 安心社会づくり助成金
2016 長野ろうきん「子ども基金」
サンプロ おひさま基金
マンスリー寄付「長野ろうきんNPO自動寄付システム」
熊本地震災害支援緊急寄付募集
認定NPO法人の寄付金控除について
ただ今、助成先募集中の冠基金

遺産の寄付をお考えの方へ

支援を受けたい方

クレジットカード使えます

長野県公式ホームページ

このページの先頭へ