みんなのための活動を応援しよう!
応援金総額226,770,3122024.02.24現在

持続可能性について学ぶ「白馬インターナショナルスクールの校舎を断熱し薪ストーブで暖めたい」

こんな団体です

持続可能な社会の創り手を育てるべく、中高一貫のインターナショナルボーディングスクールを2022年9月1日に開校しました。現在、国内外から集まった中学1年生と2年生の生徒19名が、持続可能性を軸にしたカリキュラムを英語で学んでいます。

こんな特色ある学びを行っています

持続可能性がテーマの学校です。白馬の大自然を活かし、プロジェクト型学習の手法を用いて、実社会に通じる学びを提供します。また、発達心理学や脳科学の研究結果を取り入れたSocial Emotional Learning(社会情動的学習)を実践し、生徒の社会面・感情面の成長もサポートしています。生徒が環境保全を自分ごととして捉えられるよう、多くのアウトドア体験を提供し、自然との繋がりを育みます。

具体的な取り組み内容は?

現在、使われなくなったペンションを校舎として利用しています。古い建物なので非常に寒いのですが、環境になるべく負荷をかけずに快適な学習空間を作るために、断熱改修と薪ボイラーの導入を計画しています。出来るだけ早く暖かい教室にしたいので、なるべく早期に計画を実行したいです。

応援よろしくお願いします

白馬インターナショナルスクールでは、”Let curiosity be your guide” をモットーとし、好奇心に導かれ一生を通じて学び続ける人を育てる教育を志向しています。信州の素晴らしい自然環境を活用し、新しい教育モデルを世界に問う気概で学校創りを進めております。皆様の応援をどうぞ宜しくお願いいたします。

現在の応援金額 2,218,000円

101
目標:2,200,000円
中間目標:1,400,000円/2,200,000円

期間が終了しました。ありがとうございました。

あなたの寄付でできること

まず、少ないエネルギーで効率的に教室の暖かさを保つため、断熱改修を行いたいと思います。内窓の設置と天井裏に断熱材挿入を予定しています。また、持続可能な熱源を確保するため、長野県の地域資源である木材・薪を使った薪ストーブの設置を目指しています。断熱改修に140万円程度、薪ストーブの導入に80万円程度の予算が必要です。

期間が終了しました。ありがとうございました。

いただいた寄付金は、受付期間終了後に総額から寄付サイトと法人運営経費に係る所定の手数料を引いた額を助成金として各団体へお届けします。
なお、第一目標金額に達しなかった場合は、目的の事業ができないため、募集団体ではなく「地域・分野指定助成プログラム」の助成金の原資に充てられ、運営費を差し引いた金額が公共的活動に活かされます。

 
プロジェクト実施団体

一般財団法人白馬インターナショナルスクール

このプロジェクトを応援する