みんなのための活動を応援しよう!
応援金総額89,405,4012020.05.28現在

全国障害者スポーツ大会 電動車椅子サッカー長野県選抜チーム派遣プロジェクト

こんな事業です

 「電動車椅子サッカー(パワーチェアーフットボール)」は、電動車椅子に乗ってプレーする「足を使わないサッカー」です。運動機能の制約が大きい比較的重度の身体障がい者でも、電動車椅子の操作さえできれば、自由にプレーできるという画期的なスポーツとして、1982年に大阪で考案されました。
電動車椅子の操作さえできれば、年齢や性別を問わず誰もが楽しめるサッカーです。選手たちは手・足・顎・口など、それぞれの使用可能な身体部位で電動車椅子を操作し、電動車椅子の前に取り付けたフットガードで直径32.5センチのボールを巧みに操り、パスやシュートなど迫力あるプレーを展開します。
 多くの障がいを持った仲間たちが、「観る側」から、「プレーする側」となり、夢や希望を持つことが出来るこのスポーツを、普及・発展させるべく、私たちは日々活動しております。
 ですが、身体的、資金的サポートが不足しており、活動一つとっても選手・スタッフ・家族への負担が大きく、競技普及が思うように進んでいないのが現実です。

これを実現します

 第20回全国障害者スポーツ大会「燃ゆる感動かごしま大会」が、2020年10月24日~26日に開催されます。この大会より電動車椅子サッカー(パワーチェアーフットボール)が初めてオープン競技として、2020年10月17日~18日に行われる予定です。
 この大会に長野県選抜チームを結成し、派遣するべく準備を進めております。初の大会での、初優勝を目指します。

なぜこの事業に取り組むの?

 障害を持った仲間たちにこのスポーツは多くの希望を与えてくれます。ルールの上で「平等な世界」は、多くの障がい者が普段経験することの少ない世界です。このスポーツを通し、目標ができます。気持ちが前向きになり、積極的にコミュニケーションをとれるようになります。試合や遠征を通し、体力の維持・向上、また精神的な自立を促し、それはやがて生きる自信にもなります。
 選手たちはもっと多くの試合経験を積みたいという願いがあります。第20回全国障害者スポーツ大会もそのうちの一つです。この大会に出場することは選手たちにとって、この上ない貴重な経験となるはずです。
 また選手選抜選考練習会を重ねることで、選手たちが刺激し合い、自らをアピールする中で、考え、成長していくことと思います。

具体的な取組み内容は?

 長野県選抜チームを結成するため、監督、スタッフを募集・決定し、2019年度より選手選考を兼ねた選抜練習会(2ヵ月に1回程度)を開始しています。今後は他県のチームとも強化試合をしたいとも考えています。技術だけでなく、体力・日程共に鹿児島遠征が可能である選手を6人以上選抜します。
 大会や普及イベントを開催しつつ、鹿児島遠征へ向けた協賛金を募り、資金確保にあたります。
 2020年10月17日~18日、第20回全国障害者スポーツ大会「燃ゆる感動かごしま大会」へ長野県選抜チームを派遣します。

応援よろしくお願いします!

 選手たちはスタッフ・ボランティア・家族、多くの方のご支援の中で、感謝しながらスポーツができる歓びを感じています。パワーチェアーフットボールチャンピオンシップジャパンやワールドカップという目標の中で、夢や希望を抱きながら、全てを賭けてプレーしています。今回の全国障害者スポーツ大会も新たな大きな目標の一つであります。
 どうか私たちの活動と、この事業にご理解をいただき、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

現在の応援金額 25,000円

3
目標:870,000円
中間目標:3,240円/240,000円
終了まで14816時間

あなたの寄付でできること

 2万円ほどで、ラインテープを購入し、選抜チーム練習時のコート設営ができます。
 24万円ほどで、選手団(スタッフ4名、選手6名)の鹿児島遠征時の3泊分の費用が賄えます。
 最終目標である87万円ほどの寄付がいただければ、交通費までが賄え、費用の心配をすることなく、遠征をすることができます。最終目標に満たなくても、少しでも負担が軽減できればありがたいことです。

※初めての方は必ずこちらの「寄付する際の注意事項」のご確認をお願いします。

応援する場合は、寄付数(口数)を入力し、金額を「1000円・5000円・10000円」から選択して「寄付する」ボタンをクリックしてください。

いただいた寄付金は、受付期間終了後に総額から20%を運営費として引いた額を助成金として各団体へお届けします。
なお、第一目標金額に達しなかった場合は、目的の事業ができないため、募集団体ではなく「地域・分野指定助成プログラム」の助成金の原資に充てられ、運営費を差し引いた金額が公共的活動に活かされます。

プロジェクト実施団体

長野県電動車椅子サッカー協会

このプロジェクトを応援する