みんなのための活動を応援しよう!
応援金総額228,359,7512024.06.24現在
登録団体のご紹介

NPO法人 ポプラの会

活動目的

精神障がい者が、地域で安心でき、より良い地域生活を送れるように、社会参加の促進と自律意識の工場をめざしています。
障がい者の権利擁護と生活の質の向上のために、広く関係機関と連携して活動を広げていきます。

活動実績

●地域活動支援センター・ポプラの活動
 一人ひとりが名前を持っているように、個性豊かに、細い枝を張って、真っ直ぐ天に向かって伸びていくポプラの木のように成長していきたいという願いから、ポプラという名前が付けられました。私たち精神障がい者が、安心でき、より良い地域生活を送れるように、社会参加の促進と自律意識の向上を目指しています。2004年に発足し、2007年に法人格を取得し、地域活動支援センター・ポプラを運営しています。

●電話・面接相談~ピアサポート
スタッフが、電話、面接により当事者としてピア(対等・仲間)の立場で聞けること、自分の経験からもお話しするピア・サポートをしています。また、必要に応じ、福祉サービスや大切な情報提供も行っています。
日頃の思いを話してみたい、病気のこと、悩み事、家族との関係について、ご家族の方の相談なども伺っています。
 ~お気軽にお電話下さい~

●当事者講師の派遣
地域で体験を語り始めた当事者~普及啓発を大切に病気のことや回復してきた過程の体験発表をしながら、広く精神障がいの理解を深めてもらい、差別や偏見を無くせるように、普及啓発を行っています。

 県の「若者向け 心のバリアフリー事業」」で各地の高校へ行ったり、家族会、当事者会、大学等へ出向き、心の病の気づきや予防について、精神障がいの理解を深めてもらうために、当事者講師を務めています。当事者講師のお願いをよろしくお願いいたします。

●施策提言・要望活動
ポプラの会は、「外に向かって発信しよう。」をモットーにしています。
当事者だからわかる「生活のしづらさ」を軽減し、私たちにとって少しでも住みやすい地域をつくっていくために、地域に、行政に、様々な場に向かって、「こうなれば私たちはもっと生活しやすい。」ということを発言し続けています。

ポプラの会から委員等を送り出している委員会・審議会等
【長野県】
  ・長野県施策推進協議会
  ・長野県自立支援協議会・精神障害者地域移行支援部会
  ・長野県障害のある人もない人も共に生きる社会を目指す研究会
  ・長野県地方精神保健福祉審議委員会
  ・長野県社会福祉審議会
【長野市】
  ・長野市社会福祉審議会
  ・長野市社会福祉審議会・福祉医療給付金臨時専門部会
  ・長野市障害ふくしネット(長野市自立支援協議会)
     施策フォーラム、当事者部会、けんり部会
     共に暮すまちづくり研究会                   (順不同)

ポプラの会が行なってきた主な要望活動等
1.長野市に対して、国民健康保険加入者の精神科通院医療費無料制度の継続を要望(平成18年に実現)
2.長野県・長野市に対して、福祉医療制度の障がい者間格差是正を要望(平成24年に一部を除いて対象拡大が実現)
3.長野県・公共交通機関事業者に対して、精神障害者保健福祉手帳による交通運賃の割引実施を要望
    (平成24年に一部実現)
  注)「長野県障がい者の地域交通網を考える会」の代表、事務局を務めています

●総会・ポプラだより・ポプラの通信の発行
総会・研修会
総会は毎年、6月に開催します。前年度の事業報告・収支報告、各年の事業案・予算案・役員紹介等を行い、会員の方に会の活動に対して、広くご意見を頂ける場としています。
研修会も併せて開催し、毎年多くの方がみえます。
今年度は、「私たち働いています」というテーマで、就労についての研修会を開催しました。一般就労をされた当事者の方と、事業所さんとをお招きし、一般就労するまでの道のりやどんな努力があったか、現在の課題等もお話し頂きました。今後も、研修会等で、様々なテーマで学ぶ機会を持ちたいと考えています。

ポプラだより
毎年3回発行する会報です。ポプラの会の活動の内容や、行事について、また、地域活動支援センター・ポプラの活動について掲載しています。また、情報提供や、自由投稿等、意見交換・発表の場として活用して頂きたいと思っています。
皆さまからの投稿をお待ちしています。
(記事の内容が多い時には、掲載出来ない場合があります。その時には、随時掲載いたしますので、どうかご了承ください)

ポプラ通信
毎月、地域活動支援センター・ポプラの活動予定(プログラムのお知らせ)や、行事等、様々な情報提供をしています。毎月、900部程印刷し、長野県精神保健福祉センター・病院の窓口・デイケア、長野市障害福祉課、長野市市民公益活動センター・ぷらっと、保健センター、保健所等に配布しています。

お知らせ
ポプラ通信、ポプラだよりが要る方は、ポプラの会までご一報下さい。

●講演会・シンボジウム、文化活動
平成16年度
・クリスマス会が平成16年12月25日に長野市ふれあい福祉センターにて行われた。
 恋愛・結婚・障害を考えるNPO法人Handsさんのご協力を頂き交流、出会いの場になればと企画。

① 講演会「自分へのプレゼント~心のドレスアップ」講師:Handsの寺山瑞穂さん、障害にこだわらず、恋愛をして世界が広がる。  自分をほめられ、好きになる。異性とのお付き合いの楽しさをお話頂く。

② 寸劇 Handsさんとポプラの会会員で楽しいコミュニケーションの仕方を学ぶ。

③ 交流会 お互いを知り合うゲーム、クリスマスカード交換、会員によるピアノ演奏と合唱を楽しむ。
 70名以上の参加者があり、出会いの場ともなり、新しいカップルも誕生した。
 皆が生き生きしていた。楽しかった。来年もやって欲しい。司会が良かった。カード交換が嬉しかった等の意見が出た。
平成17年度
 ・平成17年12月24日クリスマス会が長野市ふれあい福祉センター5階ホ-ルで行われた。60名を超える大勢の皆さんが参加、クリスマスソングが流れる中、手作りクリスマスカード販売、ボランティア「桐の会」の皆さんがお料理をして下さる。精神保健福祉センターをはじめ多くの方の協力を頂く。
平成18年度
 ・平成19年1月13日新春ボウリング大会をピカデリ―ボウルで行った。27名程の皆さんが参加。ボウリングを楽しみながら、誰が投げても応援の声が飛び、ストライク、スペアを取ると拍手をして皆で喜び合い、和気あいあいとした雰囲気が良かったです。全員に参加賞が出て、優勝、準優勝、三位、ブービー賞には表彰式と賞状と賞品が出ました。今年初めての試みでしたが、皆さん、楽しんで「来年もあるといいね」という要望もありました。
平成19年度
 ・平成19年8月27日サイトウ・キネン・フェスティバル特別出前コンサート イン若里が長野県社会福祉総合センター3階講堂で行われた。たくさんの人の願いと行動によって、実現したコンサート。220名の方々が聴きに来て下さいました。モーツアルトをはじめ、演奏に酔いしれた夕べとなりました。楽器や曲の解説があり、サイトウ・キネンの演奏者の素晴らしい、心弾むふれあいコンサートが実現したことは多くの思い出を残してくれました。

 ・平成20年2月9日新春ボウリング大会25名の参加があり、白熱した2ゲームの全力投球。表彰式を兼ねての交流会ではお菓子や飲み物を頂きながら身体も心も温まる交流会でした。
平成20年度
 ・平成20年8月2日に県社会福祉総合センター4階音楽室で長野二胡交流会の皆さんのご厚意でコンサートを開催した。80名の参加者があり1時間程の演奏だったが親しみやすい曲が多く、二胡の説明があったり最後は皆で歌えるように考えられた構成だった。生の音楽に触れる良い機会だった。

 ・平成20年10月5日、長野市社会福祉協議会主催で長野市若里公園で行われた、ふれあい祭りに参加した。ストレスチェックや相談コーナーを設け、一般市民の人にポプラの会の活動を知っていただくように努めた。

 ・平成20年12年24日にはポプラの会事務局でクリスマス会を行った。25名の参加だったが、アットホームな和やかな中で、ゲームをしたり、歌を歌ったり、カード交換をしたりと楽しんだ。

 ・平成21年1月24日に新春ボウリング大会を行った。25名の参加と4名の見学者がいた。ボウリングをしながら、お互いに声援を送ったり健闘をたたえ合ったりと楽しい時間を過ごした。
平成21年度
 ・平成21年8月1日NPO法人長野音楽療法研究会から室川裕子先生マリンバ、福島優美さん、ピアノ宮下静谷さんが来て下さり、マリンバの深い音色にハートがズンとしました。楽しい時間を過ごしました。心にも体にも優しい時間を過ごせて幸せな一時でした。

 ・絵画教室、平成22年3月5,6,7日に小布施のフローラルガーデンにてクリスマスローズ展を坂田先生を中心に行いました。
平成22年度
 ・平成22年12月18日(土)風ちゃんのクリスマスコンサートを県社会福祉総合センター3階講堂で楽しいトークを交えながら演奏をみんなで一緒に楽しみました。82名参加

 ・平成23年1月29日(土)新春ボウリング大会をピカデリ―ボウルを楽しみました。33名参加
平成23年度
・絵画教室、平成23年10月1~13日まで、平安堂(カフェページ)にて作品展を坂田先生の作品と一緒に展覧会をさせていただいた。

・絵画教室、平成24年3月2,3,4日に小布施のフローラルガーデンにてクリスマスローズ展を先生を中心に行った。また県社会福祉総合センタ―1階ロビーでもクリスマスにちなんで展示会を開催した。
平成24年度
 ・バリアフリーコンサートin千曲
 平成24年8月12日(日)千曲市あんずホールにてサイトウ・キネン・フェスティバル松本より特別出前コンサートをしていただく。 三障害当事者と家族、支援者、ボランティア、地域の方々で演奏を楽しむことが出来た。450名

 ・ボウリング大会 平成25年1月26日(土)長野市ピカデリ―ボウル
 毎年、新春にボウリング大会、交流会(表彰式)を行った。31名参加

●当事者交流
 他地域の当事者会との交流を図り、当事者会の発足、普及に努めていきます。
2010年に発足した長野県ピアサポートネットワークの事務局として、当事者活動の促進、仲間づくり、交流会情報交換、講演会、普及啓発等を行います。

当事者交流は、お互いピア(対等、仲間)として日々抱えている問題や課題、嬉しかったこと、夢、目標等を交流を通じて分かち合い、共感し合うことによって毎日の暮らしに活力を与えあい、新しい生き方を見つける機会となります。

ポプラの会では平成16年度より現在までに長野県内、東京都、山梨県、千葉県、北海道等12の当事者団体の方々からの要望をお受けして交流会を行ってきました。

又、クリスマス会、ボウリング大会、ミニコンサート、せいしれんセミナーでの当事者の方々との交流、小布施フローラルガーデンや平安堂のカフェページ、ブックフェア―などでの絵画展を通じてポプラの会の活動を一般の方々にも知って頂けるように様々な機会に交流の場を設けてまいりました。

今後は長野市内、県内だけでなく、国内外を問わず様々な活動をされている当事者の方達と交流をしながら学んだり、仲間作りが出来たらいいなと思います。これからどんどん発信したりアンテナを高く受け止めて行きたいと思います。

団体概要

団体番号 36
団体名 NPO法人 ポプラの会
団体責任者 大堀悦夫
所在地 〒380-0838長野市県町460-2 長教ビル2階203号室
TEL 026-219-2780
FAX 026-219-2740
ホームページ http://www.poplar-nagano.sakura.ne.jp/
E-MAIL nagano.peer-support@kind.ocn.ne.jp