みんなのための活動を応援しよう!
応援金総額227,988,8592024.04.23現在
登録団体のご紹介

特定非営利活動法人 山の遊び舎はらぺこ

活動目的

1.野外保育
 子ども達が、伊那谷の山、森、川など豊かな自
 然の中や、田や畑などでたくさんの命にふれあ
 う。また、遊びの中で自然との関わりを積み重
 ね、心豊かに育ちあうことを目的とする。
2.地域親子への子育て支援地域
 地域全体で子育てを支え合えるよう、社会貢献す
 ることを目的とする。
①地域の親子へ「自然体験」の提供
②「子ども」「子育て」をテーマに、多くの方と
一緒に学び合う“集い”の開催
③野外保育の理解を深める活動

活動実績

Ⅰ保育施設 山の遊び舎はらぺこ運営事業 
 1.野外活動を重視した少人数、異年齢を対象と
  する保護者参加型の保育(2~5歳までの園児、
  定員24名、通年週5日)
 2.地域の未就園、未就学児とその保護者のため
  の野外保育体験(開放日、たき火カフェ 12回/
  年)
 3.小学生のための野外活動(小学生プログラム)
活動:天竜川探訪、諏訪湖一周サイクリング、 絵の具工場の見学など
4.小学4年生以上のための野外活動(高学年プログ
ラム) 活動:琵琶湖一周サイクリング、京都トレイ
ルハイキングなど
3.4の対象:卒園児及び一部卒園児以外
設立より10年が経過し、総勢88名が自然の中で豊かな時間を過ごした。現在は28人の園児が通う。卒園後も各プログラムを通し、心身ともにたくましく成長している。
Ⅱ地域親子に対する子育て支援事業 
1.未就園、未就学児とその保護者のための野外活動(お散歩の会のっぱら12回/年)
2014年度、お散歩の会には計108組、開放日+たきびカフェには計132組の親子が参加した。乳幼児が自然に触れ遊ぶきっかけになると共に、母親にとっても、リフレッシュや憩いの場となっている。
2.子育ての環境、大人の関わりを考える場をつくる 
①子育てを考える集い(2015年で第8回目を迎える)
・2008年より毎年テーマに沿った講演会、映画上映会を開催 
2013年「森といのちをみつめてみよう」宮崎学
2014年「子どもと未来と哲学と」森田伸子
2015年「こども みらい ふくしま」山田真
・森のお散歩(保育園児、小学生対象)
②野外保育の普及活動
森のようちえんフォーラム・杜の市・写真展(年2回)
「全国森のようちえんネットワーク」運営理事、「長野県野外保育連盟」理事、「信州型自然保育認定制度」の検討委員として、自然とのかかわりの中で子どもを育む活動を推進している。
10/14に信州自然保育認定制度、特化型として認定される。
③大人プログラム
「同時代の子どもたちの姿」をテーマに様々な角度から学ぶ
対象:保育スタッフ、在園児、OBの保護者、その他の希望者
活動:2015 福島で活動する団体・保育施設を訪れ、子ども達の姿を知る

詳しくは当団体のホームページをご覧ください。

団体概要

団体番号 118
団体名 特定非営利活動法人 山の遊び舎はらぺこ
団体責任者 理事長 阿部大輔
所在地 〒399-4432伊那市東春近3660
TEL 0265-76-3341
ホームページ http://harapeko.ww8.jp
E-MAIL yamanoasobiya@gmail.com