みんなのための活動を応援しよう!
応援金総額89,405,4012020.05.28現在
NPOの方へ

登録を希望する団体の方へ

長野県みらいベースは、公共的活動を行っている団体(NPO法人等)を資金面から応援するためのサイトです。みらいベースは、個人・法人の皆様から寄付を募り、集まった寄付金を信州の公共的活動団体に助成することで、その活動をサポートし、元気な信州を実現することを目指しています。

公共的活動を行っている団体の皆様は、その活動を続けるために、ぜひこのサイトが提供する「寄付金を原資とした4つの助成プログラム」を活用してください。

ただし、助成プログラムに応募するには、団体登録を完了していることが必須条件となっています。当サイトで資金面での支援を希望する団体は、まず団体登録(有料2,000円)の手続きを進めていただけますようお願いします。

どんな団体が登録できるの?

長野県内を活動拠点とした、公共的活動を行う団体が登録できます。

具体的には、特定非営利活動法人、ボランティア団体、公益法人、社会福祉法人、学校法人、地縁組織、協同組合などがこれに当たります。(社会貢献活動を行うために、企業等で構成する任意団体も該当します)
ただし、助成事業の情報を公開し、助成金使途を報告できることが条件となります。

また、暴力団と関係のある団体、宗教や政治活動を主目的とする団体、反社会的な団体等は登録できません。

その他、利益配分や経費管理にも条件があります。「団体登録要綱(PDF)」をご参照ください。

どうやって登録するの?

登録には以下の書類が必要です。

(1)様式による書類

(2)添付書類

  • 規約、定款、会則又はそれに準ずるもの
  • 前年度の事業報告書及び活動計算書又はそれに準ずるもの
  • 当該年度の事業計画書及び活動予算書又はそれに準ずるもの
  • 記事、団体広報紙その他活動状況を対外的に示した書類
  • その他基金が求める書類

様式は「団体登録要綱(PDF)」「団体登録申請書(Word形式)」のものをお使いください。

申請は、長野県みらいベースを運営する「長野県みらい基金」で受け付けています。事前に電話でご連絡のうえ、書類をご郵送ください。要綱に従って書類を審査し、登録の可否を通知いたします。また、登録の際には登録料(2,000円)をお支払いいただきます。

登録情報の更新は必要?

登録の有効期間は、3年度です。これ以降も登録を続ける場合は、再申請が必要です。

登録の翌年度以降は、申請する年度の事業計画書及び活動予算書と、その前年度の事業報告書及び活動計算書を提出する必要があります。

また、団体概要書の記載内容に変更があった場合、変更申請が必要になります。なお、有効期間は変更される場合があります。

助成金はどうやって配分されるの?

長野県みらいベースには、4つの助成プログラムがあります。団体登録を済ませていれば、どのプログラムにも参加することが可能になります。

①事業指定助成プログラム②団体指定助成プログラムでは、寄付者が事業や団体を直接選びます。

③冠寄付・助成プログラムでは、寄付者である法人または個人がその名を冠した基金を設立します。長野県みらいベースが、その寄付者の趣旨に沿う内容で、基金の費用を使った公共的活動を行う団体を募ります。

④地域・分野指定助成プログラムでは、寄付者は応援したい地域(北信・東信・南信・中信の広域エリア)や分野(保健・医療、福祉、まちづくりなど)を指定します。ここに集まった寄付金は、第三者機関として外部委員で構成される「助成金審査委員会」による公募・選定のうえで団体に配分されます。