みんなのための活動を応援しよう!
応援金総額116,415,4382022.05.28現在
最新情報

2019年度休眠預金活用事業の中間評価におけるナラティブな評価を映像にしました。

https://www.mirai-kikin.or.jp/crown-program/1484/

休眠預金等の活用にあたっては、最終的に社会の諸課題の解決を図るという成果を目に見える形で生み出すことが求められています。

このため、休眠預金等に係る資金を活用して実施される民間公益活動全般を対象に、プロセスの透明性や適正性の確保はもちろんのこと、事前に達成すべき成果を明示した上で、その成果の達成度合いを重視した「社会的インパクト評価」を実施することで、成果の可視化に取り組むことが求められています。

長野県みらい基金は、休眠預金活用の成果を積極的に、わかりやすく知っていただくため。
また、評価において、報告書の文面や数字では表しにくい成果。
例えば、対象の方の表情の変化や現場での活躍する姿など、事業において大切な成果を皆様に知ってもらうため、長野放送の協力をいただき、映像コンテンツとして公表させていただきます。